上尾市の歯科・歯医者|上尾かしわざ歯科医院|
ブログ

  • キッズ
    スペース
  • 駐車場
    3台
  • マイクロ
    スコープ
  • 歯科用
    CT

お問い合わせはこちら

埼玉県上尾市柏座3-1-6 グランアクシオン1F

     ブログ
Blog

【上尾市の歯医者】歯周病がなぜ虫歯の原因になることが多いのか解説します

口腔トラブルの中でも特に多いのが、虫歯と歯周病です。

虫歯と歯周病は全く別の病気で、原因も異なりますが、虫歯になる原因の多くは歯周病といわれているのです。

なぜ、歯周病が虫歯の原因となるのでしょうか?

歯周病と虫歯の原因について、解説します。

 

歯周病の原因

 

歯周病は、歯周病菌と呼ばれる細菌によって起こる症状です。

歯周病菌は1種類ではなく、原因となるさまざまな細菌の総称であり、各細菌の働きによって歯周病になるのです。

細菌は、食べ物のカスなどが口の中にあると、細菌が分解してプラークを産生します。

粘度の高いプラークの中で細菌が大量に繁殖し、歯茎に炎症を起こすのが歯周病です。

炎症によって歯茎の腫れなどの症状が生じます。

さらに悪化すると、歯を支える歯周組織や歯槽骨などを破壊していき、支えを失った歯はぐらつくようになります。

さらに進行すると、歯は抜けてしまうのです。

 

歯石が虫歯の原因に

 

プラークは、歯周病菌だけではなく虫歯の原因菌も増殖する原因となります。

ただし、同じ原因というだけであり、歯周病が虫歯の直接の原因になるということにはなりません。

それにも関わらず、原因と言われるのはなぜなのか解説します。

歯周病が虫歯の原因になるといわれる主な理由が、歯石です。

歯に付着したプラークを放っておくと、非常に硬い歯石になってしまいます。

プラークが歯石になる時に消費されるのが歯に含まれるカルシウムやリンなどの成分です。

歯は脱灰というカルシムやリンが流れ出していく現象が起こった後に、唾液からカルシウムなどを吸収して再石灰化します。

再石灰化ができれば虫歯にはなりませんが、再石灰化が間に合わないほど脱灰した場合には、虫歯になってしまいます。

歯周病になってプラークが歯石になる際にカルシウムやリンを消費してしまうため、再石化が間に合わず、虫歯になる可能性が高くなってしまうのです。

以上の理由から、虫歯になる原因の多くは歯周病にあるといえるでしょう。

虫歯と歯周病は同時に予防できるため、歯周病の自覚症状が出てきた際は悪化しないように治療を受けてください。

 

まとめ

 

虫歯と歯周病が発症するのは、主にプラークができることで原因となる細菌が増殖することが原因です。

プラークは歯周病菌と呼ばれる細菌などが作り出し、放置していると歯石となってしまい除去しづらくなります。

また、プラークが歯石になる際にカルシウムなどの成分を歯から奪うため、歯が脱灰したときに再石灰化しづらくなって虫歯のリスクが高まります。

歯周病になると虫歯のリスクも高くなるので、注意してください。

【上尾市の歯医者】根管治療を受けている時に起こる痛みについて解説します

歯科医院で行う治療には、痛みが伴うものもあります。

根管治療を受けた場合も痛みが生じることがありますが、どんな時に痛みを感じることが多いのでしょうか?

また、痛みはどのようなことが原因となって生じるものなのでしょうか?

根管治療に関わる痛みについて、解説します。

 

根管治療の治療中の痛み

 

根管治療は、治療を受けている間に痛みが生じるケースがあります。

治療中に生じる痛みは、何が原因で発生するのでしょうか?

治療中の痛みの原因について、解説します。

原因としてまず挙げられるのが、歯根の先に膿が溜まっているケースです。

ずきずきとした痛みがあるのですが、原因は溜まった膿にあるため、膿を出す治療を行うことで痛みが軽減される可能性もあります。

根管治療の際は歯根の内部の根管を洗浄し、消毒を何度か繰り返した後、根管の中に薬剤を充填します。

薬剤を充填する際は隙間がないようにしっかりと充填しなければなりません。

その際に内側から圧力がかかり、痛みが生じることもあります。

 

治療後に生じる痛み

 

根管治療を終えてから痛みが生じる、というケースもあります。

歯周組織が炎症を起こすと、治療を受けても炎症はすぐには治りません。

そのため、炎症が収まるまで痛みや腫れなどが伴うことがあるのです。

また、根管治療が1回だけという場合は痛みも比較的早く治まりますが、複数回治療を受けている人の中には痛みが長引いてしまい、なかなか治まらないケースもあります。

長く痛みが続く場合は、破折や根管内での感染などが起こっているかもしれません。

痛みがなかなか治まらない場合は、歯科医院で検査してもらうことをおすすめします。

検査の結果によって、再度精密な根管治療を受け直すか、外科的処置で解決するか考えてみましょう。

根管治療後、何かを噛むと痛むこともあります。

噛んだ時に痛みが起こるのは、歯髄への感染がかなり深くなってから治療したケースなどで見られますが、しばらくすると治まることがほとんどです。

根管治療後の痛みは、通常3日ほどで治まります。

3日が過ぎても痛みが治まらない場合や、痛みが激しく日常生活に支障をきたす場合は、一度診察を受けることをおすすめします。

 

まとめ

 

根管治療で痛みを伴うケースは、珍しくありません。

痛みが起こる原因はいくつかありますが、放っておいても治るものもあれば、再度の治療が必要なものもあるため、原因を把握したうえで対処しなくてはいけません。

また、痛みが長引く場合は診察を受けて、原因をはっきりとさせましょう。

不安がある方は、一度歯科医院に相談してみてください。

【上尾市の歯医者】根管治療の感染部分除去とはどのような治療か解説します

歯の内側にある根管という部分を治療するのが、根管治療です。

抜歯が必要な虫歯も、根管治療によって抜歯せずに治療できることがありますが、治療は一気に行われるのではなく、段階的に行います。

最初に行われる、感染部分の除去とはどのような治療でしょうか?

感染部分の除去とは何か、解説します。

 

細菌に感染するのはどこ?

 

歯は均一の組織ではなく、表面のエナメル質、内側の象牙質、さらに内側の歯髄という3つの層により成り立っています。

感染部分の除去は、どの層の感染部分に対して行うのでしょうか?

虫歯の原因菌は、最初に歯のもっとも外側にあるエナメル質に感染します。

エナメル質を溶かしたら、内側にある象牙質に感染し、さらに進行すると歯髄にも感染していくのです。

感染部分とは、虫歯に感染している歯のすべての場所が対象となります。

エナメル質や象牙質に感染した場合は削り取ればいいのですが、歯髄に感染した場合は歯の根の内側まで広がっています。

歯の根にはかなり細い箇所もあり、虫歯の感染部分を削り取るよりも治療は困難です。

歯髄の感染部分の除去では、専用の治療器具を使用して除去しなくてはいけません。

感染箇所が奥まで進んでいると、歯髄の奥の歯の根の先に膿が溜まっていることもあるため、もし膿が溜まっている場合は歯髄と一緒に除去する必要があります。

 

歯髄はどのようなもの?

 

歯髄に虫歯の原因菌が感染している場合は、歯髄を除去しなくてはいけません。

歯髄の除去を抜髄といいますが、そもそも歯髄とはどのような役割を持っている組織なのでしょうか?

歯髄とは、歯につながる血管や神経などが含まれている組織です。

したがって、抜髄をすると、神経や血管なども除去されてしまいます。

「歯の神経を抜く」というのは、抜髄のことをいいます。

歯にとって非常に重要な組織である歯髄を除去すると、歯には神経がなくなり、血管を通じて栄養を届けることもできなくなります。

歯の感覚がなくなってしまううえ、栄養が届かないせいで歯は失活歯という死んだ状態になるのです。

抜髄後は、栄養が届かなくなった歯は栄養不足となり、短命になる可能性があります。

しかし、抜髄をしなければ悪化して他の歯にも虫歯が感染しやすくなるため、抜髄は必要です。

虫歯に感染している歯髄が少しでも残っていると、感染部分から歯髄が腐敗するため、口臭が悪化する原因になるかもしれません。

わずかも残さないよう、丁寧に除去しなくてはならないのです。

 

まとめ

 

歯の内側まで虫歯の治療を行う根管治療の最初の段階は、虫歯の原因菌に感染している箇所の除去です。

虫歯の原因菌に感染した状態が虫歯であり、歯全体に感染する可能性があるのですが、特に問題となるのは歯髄という歯の中心部にある組織に感染した場合です。

歯髄には歯の神経や血管が集中し、歯髄を除去する抜髄を行うことで神経が抜かれて失活歯となるため、気を付けてケアしなければなりません。

【上尾市の歯医者】根管治療で行われる抜髄の内容について解説します

一般的な虫歯の治療は、歯の表面の虫歯に感染している部分を削り取ることが多いのですが、虫歯が悪化すると表面だけではなく、歯の内部の治療も必要となります。

特に、歯の奥にある根管という部分の治療のことを、根管治療といいます。

根管治療の最初に行う抜髄が、どのような治療なのかを解説します。

 

抜髄はどのような治療?

 

歯の構造は、表面を覆うエナメル質、内側の象牙質、さらに内側の歯髄に分けられます。

歯髄は、歯の神経や血管などが集まっている部分です。

一般的に歯の神経というと歯髄のことを指します。

虫歯は、最初に歯の表面のエナメル質に感染しますが、治療が遅れると奥の象牙質、さらには歯髄に感染していきます。

虫歯に感染した歯髄は、エナメル質とは違って削れないため、抜き取らなければなりません。

歯髄を抜き取ることを抜髄といい、歯の神経を除去するというのは抜髄のことを指します。

虫歯に感染した歯髄を放置していると、歯髄炎になってしまうので注意しましょう。

歯髄炎は、一度かかると健康な歯髄に戻ることはありません。

抜髄は、麻酔をかけたうえで行います。

歯髄炎を放置すると、歯髄は壊死して腐敗するので、感染根管治療が必要になります。

 

抜髄はどのような治療を行うのか

 

抜髄の治療内容は、虫歯の治療とは大きく異なります。

詳しい内容は歯科医院によって若干異なる点があるため、基本的な手順がどのようなものか解説します。

最初に行うのは、局所麻酔です。

しかし、中には痛みが強い・麻酔が効きにくい体質であるなどの理由により、局所麻酔を打ってもなかなか効かない人もいるので注意しましょう。

麻酔が効きづらい場合は、事前の処置が必要です。

歯髄を鎮痛剤の投与で弱らせておくと、痛みが生じにくくなります。

麻酔が効きにくい場合は、できるだけ事前に申告しましょう。

治療を行う際は、細菌に感染しないようにラバーダム防湿で患部を保護します。

根管治療は根管を露出して治療するので、何も対策をしなければ細菌が直接根管に侵入してしまいますが、ラバーダム防湿によって細菌の侵入を防ぐことができます。

歯髄を除去した後は、根管の内部をファイルという器具で清掃し、汚れを残さず掻き出して薬品による洗浄を行い、殺菌します。

再感染しないよう、しっかりと密閉したら治療は完了です。

 

まとめ

 

虫歯が悪化して、歯髄まで感染した場合は歯髄炎となるため、抜髄して歯髄を除去しなければなりません。

歯髄はエナメル質と異なり、感染した部分だけを削り取るというわけにはいかず、全て除去する必要があります。

抜髄は麻酔をかけて行いますが、麻酔が効きにくいという場合は事前に申告して、鎮静剤によって歯髄を弱らせておくなどの対策をしてもらいましょう。

【上尾市の歯医者】根管治療で行われる洗浄・消毒とは何か解説します

根管治療は、一気に治療をするのではなく段階的に行っていきます。

最初に行うのは虫歯の原因菌に感染している箇所の除去ですが、除去を終えた後は根管内の洗浄・消毒を行います。

洗浄・消毒はどのように行うのでしょうか?

具体的な治療内容について、解説します。

 

洗浄・消毒はなぜ必要か

 

歯は、外側からエナメル質、象牙質、歯髄という3つの層に分かれています。

このうち、エナメル質や象牙質に感染している場合は感染箇所を削り取るという治療方法が一般的です。

根管治療が必要となるのは、歯髄に感染してしまった場合です。

歯髄が虫歯菌に感染している状態では、神経の通り道である根管の内部にも虫歯菌が侵入しているため、根管内の歯髄も除去しなくてはなりません。

抜髄によって神経も除去されるため、根管は空洞になっているか死んだ神経だけが残った状態となっています。

細菌に抵抗するための免疫も、歯髄に含まれる血管を通じて得られますが、抜髄すると血管も除去されるため、免疫を得られなくなります。

服用薬に含まれている成分も、血管がなければ届きません。

よって、根管の中にいる細菌を除去するには、外部からの物理的な方法が必要となるのです。

洗浄して汚れを洗い流し、落としきれなかった細菌を消毒で除去することで、根管内がきれいになります。

 

洗浄・消毒の方法

 

根管内を洗浄・消毒する際は、具体的にどのような方法で行うのでしょうか?

無理な力を加えると、根管や歯を痛めることになるため、細心の注意を払って行わなければなりません。

まず、根管内の消毒は専用の薬剤を使用して行います。

消毒の際は、根管内に細菌が侵入するのを防ぐとともに薬剤が口内にこぼれるのを防ぐために、ラバーダム防湿を行った方がいいでしょう。

根管治療を行う際は、一度に行うのではなく複数回に分けて行うケースが多いのですが、治療を中断せざるを得ない場合などは、根管に消毒薬を封入しておくなど細菌の増殖を防止する処置を行わなくてはいけません。

 

まとめ

 

根管治療では、抜髄といって歯髄を除去する治療を行いますが、抜髄後に残った歯髄などを徹底的に除去するため、洗浄・消毒を行う必要があります。

感染した歯髄が少しでも残っていると、膿が出る原因になったり他の歯に感染したりするため、残さず除去しなければなりません。

消毒薬などはいくつかの種類があるため、苦手なものがあれば事前に相談しておきましょう。

治療を中断する際の処置もあるので、中断する場合も相談してください。

【上尾市の歯医者】根管治療で行われる根管充填とは何かを解説します

根管治療を行った後は、根管に薬剤を詰める根管充填を行います。

根管充填には主に側方加圧充填法と垂直加圧充填法という2つの方法がありますが、どのような違いがあるのでしょうか?

また、どのように使い分けられるのでしょうか?

根管充填の方法の違いについて、解説します。

 

側方加圧充填法とは?

 

根管治療で根管を洗浄・消毒した後は、根管に細菌などが進入しないように根管充填材というものを詰め込み、隙間を作らないようにします。

根管充填材には、液体糊のような流動性のあるものとガッタパーチャという固形のものがあります。

固形であるガッタパーチャを充填する方法が2種類に分かれているのです。

側方加圧充填法は、棒状のガッタパーチャにシーラーという接着剤をつけて根管へと詰め込み、隙間にスプレッターという器具を入れて横への圧力をかけていくという方法です。

日本において、主流となっています。

横向きに圧力をかけると根管に隙間ができるため、できた隙間に最初のものより細いガッタパーチャを挿入して、再び圧力をかけます。

再び隙間を作って詰めるというのを何度か繰り返し、どうやってももう入らないという状態になるまで繰り返していくのです。

根管内が埋まったら、はみ出している部分をヒートプラガーという熱を発する器具で切断し、熱がない状態でガッタパーチャを上から押し込んでいくことで、根管充填は完了します。

 

垂直加圧充填法とは?

 

垂直加圧充填法は、ガッタパーチャを根管に詰め込んだらそのまま上から押し込んでいくという方法です。

ガッタパーチャは熱を加えると柔らかくなるため、熱して押し込み流動性を高めて隙間なく埋まるようにします。

垂直加圧充填法には、オピアン法やCWCT法、K.SRCT法などいくつかの方法がありますが、特にアメリカで用いられているのはCWCT法です。

したがって、米国式根管治療といえば一般的にはCWCT法を指します。

垂直加圧充填法は、熱で柔らかくして詰め込み、冷えた時に固まるため、隙間などを埋めやすく根の先がほぼ確実に閉鎖されるという点がメリットです。

しかし、側方加圧充填法でもヒートプラガーで最後に熱するため、隙間は十分に埋まるでしょう。

 

まとめ

 

根管充填の方法は、長い年月をかけて変化しています。

かつては採用されていた方法も、その欠点を踏まえてさらに改良していくことで、より確実に根尖孔を埋めて細菌の侵入も防ぐことができるようになっているのです。

オピアン法も、かつては主流でしたが今は廃れています。

代わりに、良いところを残した方法が生み出されているのです。

歯科医院によって根管充填の方法は異なるため、事前に確認してみてください。

【上尾市の歯医者】根管治療が困難なのはどのようなケースがあるか解説します

虫歯が悪化すると根管治療を行う必要が生じますが、時に治療が困難なケースもあります。

根管治療が困難なのは、なぜでしょうか?

また、特に治療が困難なケースとは、具体的にはどのようなケースでしょうか?

根管治療の難しさについて、解説します。

 

なぜ、根管治療は困難なのか

 

根管治療は、非常に困難な治療方法です。

困難である原因は、治療する場所にあります。

根管治療にはいくつかの治療方法がありますが、どの治療方法でも歯茎に埋まっている歯根まで治療を行います。

歯根の内部は目に見えないため、基本的に手探りでの治療となるのです。

イラストで歯を見ると、歯根はまっすぐに伸びる形で描かれていますが、実際の歯根は湾曲していることがほとんどです。

歯根が曲がっていることも、根管治療を困難にしています。

なぜなら、湾曲がかなり大きいと、歯根を治療するための器具が奥まで届きにくくなるからです。

器具が届かないと、歯根の先までしっかりと消毒しづらく、歯髄などが残って腐敗する可能性もあります。

元々、歯根の内側の幅はコンマ単位しかなく、非常にシビアな治療を行わなければなりません。

さらに、枝分かれや吻合しているケースもあるため、難易度がいっそう高くなってしまうのです。

 

根管治療の変化

 

従来の根管治療は上記のような要因があることから、歯科治療において最も難しい治療の1つとされています。

現在も困難であることは変わりませんが、医療機器の発達により、従来と比較すると難易度は若干下がっています。

難易度が下がった理由の1つに、精密根管治療が挙げられます。

歯科用顕微鏡を用いて行われる根管治療で、歯根の内部の詳細まで直視しながら治療できるようになったのです。

2つ目が、歯科用CT診断の活用です。

顕微鏡を用いても、歯の根の先までは直接見えるわけがないという問題を、歯科用CTによって解決したのです。

歯科用CTの使用により歯の根の先まで立体的に把握することができるようになったことで、治療を行う際に治療器具をどう動かせばいいか分かりやすくなりました。

マイクロスコープなども併用すると、さらに治療しやすくなります。

どうしても治療器具が届かない場所がある場合は、歯科用レーザーを用いて治療することもあります。

歯科用レーザーの使用により、奥深くまで徹底的な消毒が可能です。

 

まとめ

 

根管治療の対象となるのは、非常に細く複雑な形状をしている歯の根の内側であることから、非常に困難な治療として知られています。

歯根の形状が人によって異なるという点も、さらに難易度を高めている原因です。

しかし、歯科用顕微鏡や歯科用CT診断などを活用することで、治療の難易度は下がります。

治療を受ける際は、機器が充実しているかどうかも考慮して歯科医院を選ぶことをおすすめします。

【上尾市の歯医者】根管治療で行われる感染根管治療について解説します

歯の中心部には、歯髄という層があります。

歯髄は、神経や血管などが集まっている非常に重要な組織ですが、虫歯の原因菌に感染すると炎症を起こし、歯髄が死んでしまうことがあります。

壊死したまま放置していると歯髄は腐るため、感染根管治療が必要です。

感染根管治療について、解説します。

 

感染根管治療とは?

 

歯の構造は、もっとも外側にあるエナメル質、次にある象牙質、中心部にある歯髄という3つの層に分かれています。

虫歯になった時、まずはもっとも外側のエナメル質に感染し、放置している間に象牙質、歯髄と順に虫歯の原因菌が進んでいきます。

歯髄まで感染すると抜髄という治療を行い、歯髄を除去しなければなりません。

抜髄をせず放置していると歯髄炎が起こり、歯髄は徐々に壊死してしまい徐々に腐り始めます。

歯髄が腐敗すると、感染根管となって神経も死んでしまい、痛みも感じなくなってしまいます。

この時、「痛みがなくなった」と安心する人もいるでしょう。

しかし、さらに悪化すると歯根の先端に膿が溜まって歯槽骨を溶かしていく、根尖性歯周炎になってしまうため、治療の必要があります。

膿が溜まると、単に膿を吸い出すだけでは治りません。

感染根管治療を行い、歯髄や歯根と一緒に周囲の膿や根管内の清掃も同時に行う必要があるのです。

 

感染根管治療が必要な症状

 

感染根管治療を行うのは、感染根管という症状が出ているときです。

感染根管になると、治療するまでの間歯根の先に膿が溜まった状態となり、骨をどんどんと溶かしていきます。

歯根の先端に膿が溜まっている状態を慢性期といい、感染根管治療を始めてからは腫れや痛みが生じる急性期になります。

慢性期と急性期の症状について、比較してみましょう。

普段から痛みが生じることが多いのは、急性期です。

何もしていないのに、急に激しい痛みが生じることがあるのも急性期の特徴です。

慢性期は痛みが少ないのですが、疲れているときなどに鈍い痛みが起こることもあります。

慢性期の場合、歯肉が腫れてつぶれるということを繰り返すことがあります。

しかし、急性期の場合は歯肉だけではなく、首元や目の下も腫れてしまうことがあるので、注意しましょう。

急性期の方が症状は激しいのですが、慢性期の場合も歯肉に細かな穴が開き、膿が出てくることがあります。

また、噛んだ時に痛みがあるかもしれません。

 

まとめ

 

歯髄が壊死して腐敗し、根管に汚れが溜まる症状を感染根管といいます。

感染根管になると、歯根の先に膿が溜まるなど重症化することが多いため、感染根管治療を受けて徹底的に治療しなければなりません。

感染根管には慢性期と急性期があり、痛みは急性期の方が強く慢性期は膿が出やすいなどの違いがあります。

しかし、どちらにしても早急な治療が必要です。

【上尾市の歯医者】根管治療が必要な歯髄壊死の病態について解説します

根管治療が必要となる病態は、いくつかあります。

歯髄壊死は代表的な病態の1つですが、具体的にはどのような病態なのでしょうか?

「壊死」と聞くと、恐ろしいイメージが思い浮かび、歯髄壊死がそのイメージ通りの状態なのか気になるかもしれません。

歯髄壊死の病態について、解説します。

 

歯髄壊死とは?

 

歯の奥には、歯髄という組織があります。

歯髄には神経や血管などが含まれているため、非常に重要な組織です。

しかし、虫歯になるとその原因菌が歯髄に入ってしまいます。

初期の段階では歯髄が炎症を起こして歯髄炎となりますが、治療せずにいると悪化してしまい、神経が機能しなくなります。

神経が死んでいる状態を歯髄壊死といいます。

歯髄は歯の神経ともいわれるため、「歯の神経を取る」とは、歯髄を除去することを指します。

歯髄壊死が起こると、歯髄を除去しなければいずれ腐敗してしまうのです。

今まで歯が痛かったのに治療しなくても痛みがなくなったという場合は、歯髄が壊死してしまった可能性が高いでしょう。

また、今までとは痛みの質が変化することもあります。

例えば、冷たいものや温かいもので歯に痛みがあったのがなくなった代わりに、何もしていないのに鈍い傷みが生じるようになるというケースが考えられます。

歯髄炎の時よりも痛みが強くなった、というケースもあります。

 

歯髄壊死が起こる原因は?

 

歯髄壊死が起こる原因の1つは、先述したとおり虫歯の悪化ですが、他にもさまざまな理由により歯髄壊死が起こります。

例えば、歯ぎしりや歯の食いしばりも歯髄壊死の原因です。

歯に強い刺激を与えることによって、歯髄が壊死する可能性が高くなるのです。

また、外傷や衝撃などが加わって歯が損傷を受けた場合も、歯髄壊死を起こすことがあります。

知覚過敏を放っておくと、いずれ歯髄壊死につながる可能性があります。

冷たいものや温かいものを食べなければ痛みが生じることは少なく放置されがちですが、なるべく早く治療を受けたほうがいいでしょう。

ごくまれではありますが、痛みが生じずに歯髄壊死が起こることもあります。

それでも、歯の色が変色するなど見た目でわかる症状もあるため、違和感を覚えたら歯科医院を受診することをおすすめします。

 

まとめ

 

歯髄壊死は、虫歯や歯周病が進行すると生じる可能性が高くなります。

しかし、虫歯などの原因以外に、歯に強い負荷や刺激を受けることが多い場合や、歯が外傷などで損傷している場合などに起こる可能性があります。

壊死した歯髄は除去する必要がありますが、神経を除去した歯は寿命が短くなってしまいます。

歯をなるべく長く保たせるためにも、歯髄壊死になる前に治療を受けましょう。

【上尾市の歯医者】根管治療が必要な歯髄炎の病態について解説します

根管治療は、虫歯の中でもいくつかの病態に対して行われる治療であり、歯髄炎はその病態の1つです。

歯髄炎とは、どのような病気なのでしょうか?

また、歯髄炎には可逆性歯髄炎と不可逆性歯髄炎の2つがありますが、どのような違いがあるのでしょうか?

歯髄炎について、解説します。

 

可逆性歯髄炎とは?

 

歯の表面はエナメル質が覆っていて、エナメル質の内側には象牙質と呼ばれる部分があります。

さらに内側には、神経や血管が含まれる歯髄という組織があります。

歯の中心部である歯髄に炎症が起こっている状態を、歯髄炎といいます。

歯髄炎は、細菌が歯髄の中にある神経まで入りこんだ状態です。

歯髄を除去せず治療が可能な段階を、可逆性歯髄炎といいます。

治療できるのは、歯髄炎の中でも歯髄充血という段階までです。

歯髄充血は、炎症が起こっているため歯髄内の毛細血管が拡張していることから、冷たいものが染みてしまいます。

しかし、刺激がない限りは痛みが生じることもない初期症状です。

虫歯を放置していると、歯髄に原因菌から生じた毒素や細菌そのものが届いて歯髄炎になってしまいます。

 

不可逆性歯髄炎とは?

 

可逆性歯髄炎から症状が進行すると、何もしていなくても痛みが生じるようになります。

何もしなくても痛みが生じる場合は、不可逆性歯髄炎になっている可能性が高いでしょう。

治療をせずに放置していると失活という神経が死んだ状態になるため、痛みがなくなって治ったように思うかもしれません。

しかし、歯髄炎は治ったわけではなく、さらに悪化してしまいます。

神経が死んでしまうと、回復したり再生したりすることはありません。

神経が壊死すると、今度は歯髄が腐っていきます。

歯髄壊疽といい、う蝕によって大きく歯が欠損していると腐敗臭や口臭が発生してしまいます。

また、歯の色にも影響が出てしまいます。

白い歯が黄色や灰色になってしまい、見た目も悪化するのです。

それに加えて、根尖性歯周炎になってしまいます。

不可逆性歯髄炎になると、歯髄を除去する抜髄を行わなければさらに悪化していくことになります。

その際、空洞部分に細菌が再び侵入するのを防ぐため、根管充填を行います。

 

まとめ

 

歯髄炎は、根管治療が必要となる代表的な病態です。

不可逆性歯髄炎になると抜髄をしなくてはならなくなり、歯の寿命も短くなってしまうため、できるだけ可逆性歯髄炎の段階で治療しましょう。

また、放置していると悪化していき、やがては根尖性歯周病に進行してしまうため、痛みがある場合は可能な限り早く治療してください。

PAGE TOP